Amazonギフト券のおつりを使い切る

 

Amazonギフト券で買い物をした時、おつりのことが頭をよぎる人もいるでしょう。

現金で買い物をする時おつりが出るのは当たり前のことですが、Amazonギフト券でネットショッピングした時のおつりはどうなるのか気になるところです。

今回はAmazonのギフト券の残金、おつりを使い切る方法について紹介します。

Amazonギフト券のおつりについて

Amazonギフト券

 

Amazonサイトで買い物をする時、Amazonのギフト券で支払う人も多いと思います。

Amazonギフト券をちょうど使い切る人、また足りない分を他で補足する場合は特に問題ありません。しかし、Amazonのギフト券よりも安い買い物をした時、余った分はどうなるのか気になる人もいるかもしれません。

普通の買い物ではおつりをもらえますが、Amazonのギフト券の場合はどうなのでしょうか?

例えば商品券や図書券などで買い物をする場合、余った分はもらえないことが多いです。

そのため、常に記載された額以上の買い物をする人も多かったはずです。

 

Amazonギフト券と図書カードの違い

 

同じことがAmazonギフト券にも言えるのか、初めて利用する人の中には心配な人もいるでしょう。

結論から言うと、Amazonのギフト券でもおつりはもらえます

 

 

Amazonギフト券のおつりはアカウント残高に残るよ

Amazonギフト券のおつりを使い切る方法・Amazonギフト券でのおつりは?3

AmazonのサイトでAmazonのギフト券を使用し、商品の代金がギフト券の金額よりも安かった場合、おつりが出ます。

Amazonのショッピングサイトでは、Amazonのギフト券で商品を購入した場合のおつりは、残高として次回のショッピングで利用できるようになっています。

それも1円単位で利用できますので、無駄になることはありません。現金の形で払い戻しされるようなことはありませんが、このようにアカウントに残高として残りますので確認してみましょう。

例えば、1万円のAmazonギフトで9,800円の買い物をした場合、 余った200円はアカウントにそのまま残ります。アカウントに残った残金は、次回すべて利用できます。

1円単位まで余すことなく使用できるのが、Amazonのギフト券の魅力ではないかと思います。

ただ、実際の買い物のように現金が返ってくることはありません。アカウント残高として残る、これが実質的なおつりだと言えます。

余った金額は次回の買い物として利用できますので、初めての方でも安心です。

 

 

Amazonギフト券はおつりの心配をする必要なし!

Amazonギフト券はおつりの心配は必要なし

 

Amazonギフト券と聞くと、普通の商品券のようなイメージを持つ人も多いかもしれません。

そのため、余った金額・おつりはもらえないと思っている人もいるでしょう。

しかし、Amazonのギフト券は一般的な商品券ではなく、実際は電子マネーの一種になります。

私たちが通勤や通学の際に、交通機関などで利用しているプリペイドタイプの電子マネーと同じです。

Amazonのギフト券は希望する金額のカードを購入して、それを自分のアカウントに登録して買い物をします。

そして次回の買い物で残高がない時は、新しいAmazonギフト券をチャージして使用するといった行為を繰り返すことになります。

このように、Amazonのギフト券は電子マネーの性質を持っています。そのため、おつりのことを気にすることなく利用できます。

しかし、Amazonギフト券には有効期限がありますので、そこには気を付けてください。

現在のAmazonギフト券にはその種類によって、1~3年の有効期限がありますので、利用する時は事前にチェックしておくと良いでしょう。

有効期限が切れていると使用できませんので、おつりの概念もなくなります。

【追記・変更点】

2017年4月からAmazonギフト券の有効期限が10年間に延長されました。

期限変更となったのはEメールタイプ、カードタイプなどすべてのAmazonギフト券が対象です。

Amazonギフト券の有効期限が10年に変更

 

 

Amazonギフト券を使い切るには

Amazonギフト券のおつりを使い切る方法・Amazonギフト券でのおつりは?6

 

おつりと言っても残高にカウントされるだけですので、普通の買い物とは少し概念は異なります。

しかし残金には間違いありませんので、Amazonのギフト券を利用した時は確認しておくと良いでしょう。

Amazonのギフト券を利用する人の中には、ギフト券をあまり利用しないので、残高を全額使い切ってしまいたいという方もいるかもしれません。

その場合は、残った額を全部使い切ることができます。

Amazonサイトで商品を購入した場合、まず商品券代金の一部を「Amazonギフト券の残高」で支払います

そして不足分については、他の方法で払うことになります。

他の支払方法としては様々なものがあります。

主なやり方はクレジットカード、ネットバンキング、コンビニ、ATM、電子マネー、代金引換などです。

この中から自分に都合の良い方法を選択してください。

なお代引の場合、代引手数料として300円が必要になります。

Amazonギフト券のおつりを使い切る方法・Amazonギフト券でのおつりは?7

 

この中で利用しやすく、手数料がかからないのはコンビニ払いです。

Amazonギフト券のおつりを使い切る方法・Amazonギフト券でのおつりは?8

 

AmazonサイトでAmazonギフト券を利用する場合、おつりのことが気になる方がいるかもしれません。

Amazonギフト券は電子マネーですので、買い物をして残ったおつり分はアカウントに残高として残ります

現金としてもらえることはありませんが、アカウントに計上されますので確認してみてください。

 

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

    1. 買取ボブ

       買取ボブでAmazonギフト券を換金
      管理人の検証レビュー(買取ボブ)

      【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

      買取ボブの詳細(体験談あり) 

    2. ギフトグレース

       ギフトグレースの評判
      管理人の検証レビュー(ギフトグレース)

      ギフトグレースは初回利用者だけでなく、2回目以降の利用者にも優しい良心的なサイトです。何と言っても高い換金率が特徴!新規利用者は換金率91%を完全保し、2回目以降でも87~89.5%という嬉しい高換金率♪リピーター率が高い=顧客満足度が高いのも納得できます。

      ギフトグレースの詳細

    3. 買取本舗

       Amazonギフト券の買取サイトの買取本舗
      管理人の検証レビュー(買取本舗)

      買取本舗は、Amazonギフト券以外にもiTunesギフトやGoogle Playギフトの買取も行っている便利なサイトです。「業界No.1!!」と記載のある通り、新規申込なら90~93%で現金化が可能です。(換金率は日々変動)手数料不要、24時間営業・年中無休なのも指示されている理由です。

      買取本舗の詳細

    4. アマトク

       アマトクでAmazonギフト券を換金
      管理人の検証レビュー(アマトク)

      【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

      アマトクの詳細(体験談あり)

    5. 買取セブン

       買取セブンはamazonギフト券の買取サイト
      管理人の検証レビュー(買取セブン)

      【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

      買取セブンの詳細(体験談あり)

    6. アマテラ(amatera.co.jp)

       Amazonギフト券の買取サイトのアマテラ
      管理人の検証レビュー(アマテラ)

      【検証済み】アマテラ(amatera.co.jp)はAmazonギフト券現金化サービスでは老舗サイトなので安全性は間違いありません。1万円以上の新規規利用者は換金率90%以上、50万円以上の大口利用者は89%以上を完全保証してくれます。手数料は一切不要、iTunesギフトの買取もOK!

      アマテラの詳細(体験談あり)