TwitterでもAmazonギフト券詐欺

 

ビビリ係長ビビリ係長

TwitterでもAmazonギフト券詐欺が横行しています。どのような手口の詐欺被害がおきているのか?ご紹介していきます!

ピコピコ

Amazonギフト券詐欺の手口を知る事から見えてくる予防法や、詐欺に遭わない対策はないか?一緒に考えていきましょう。人の心理をついた卑劣な詐欺の被害に遭わない様に自分で自分を守りましょう!

こんにちは。Amazonギフト券はとても便利なものです。

一枚一枚にギフトコードというのが存在し、それをアカウントに登録することでその金額分使える金券です。つまりお金と一緒ですね。

この利点を悪用した詐欺が、近年非常に増えてきています。

LINEアカウントを乗っ取って友人を装い→ギフトコードをだまし取る手口や、ヤフーオークションなどでギフトコードを教えてもらったあと→取引をキャンセルしだまし取る…などなど、今の時代ならではのネットを利用したケースの詐欺が多いのです。

私はAmazonギフト券の詐欺といえば、上記の2つくらいしか知らなかったのですが…なんと、TwitterでもAmazonギフト券詐欺に遭う人が急増しているとのこと!

Twitterも様々な年代の人が利用していますし、世の中色々な人がいるので仕方ないといえばそうかもしれません。詐欺自体、いつの時代でも横行していますからね、悲しいけど。

ということで、今回の記事のテーマは《TwitterでのAmazonギフト券詐欺について》です。どういうケースなのか私も想像がつきませんでしたが、調べてみると納得です。まさに人間の”欲”に付け込んだ手口だったのです。

「どういう手口でだまし取ろうとするのか?」「予防は出来ないのか?」という疑問から対策法を一緒に考えていきたいと思います。

 

TwitterでのAmazonギフト券詐欺の種類

Twitterでの詐欺被害例

ビビリ係長ビビリ係長

Twitterで起きているAmazonギフト券詐欺を二つご紹介します!

TwitterでAmazonギフト券の詐欺が急増中ですが、残念なことに手口は一種類じゃなく複数ある模様です。

よくもまぁこんな手口を思いつくなーと(別の意味で)感心した次第でした。

詐欺というテーマにあまり乗り気ではないですが(笑)、手口をきちんと知っておくことで同じ状況に遭っても騙されない!ので、気を取り直して紹介したいと思います。

 

Amazonギフト券をくれたら会ってあげる詐欺

Twitterでの会える詐欺
一つ目の「Amazonギフト券をくれたら会ってあげる詐欺」は、圧倒的に男性の被害者が多いです。

Twitterで若い女性が会ったりデートする相手を募集(内容によって金額が違う)→その女性とどういう風に過ごしたいかによって男性側も渡す金額を決める、というパターンです。

  1. 募集をしている女性にDM(ダイレクトメール)で、会いたい旨を伝える
  2. 女性側が「では、○○円分のギフトコードを送って下さい!」
  3. 「どうやって送るのか?」と聞くと
  4. 「コンビニで買って画像送ってくれるだけで良いよ!」
  5. 買って画像を送る
  6. 送った途端に相手は逃走→音信不通、連絡取れず…

 

このようなケースのです。

こういう女性たちは大体顔出ししており(おそらくかなり修正しているでしょうが)若くて可愛い?人が多いです。それに誘われてしまう男性たちを見事に利用している悪質な詐欺の手口ですね。

Twitter上でもギフトコードを騙し取られた人たちが、”#アマギフ詐欺”や”#Amazonギフト券詐欺”といったタグを付けて、相手のアカウントを晒して拡散しているところですが…

相手はどんどんアカウントを変えて同じ手口を繰り返しています

 

【ある商品に対しAmazonギフト券で支払わせるも、商品を送らない詐欺】

Twitterでのニンテンドースイッチを使った詐欺

 

二つ目は「ある商品に対しAmazonギフト券で支払わせるも、商品を送らない詐欺」。俗にいう「売ります詐欺」。これもありがちな詐欺です。

今流行りのニンテンドーSwitchを売るので、支払いはAmazonギフト券でお願いしますというパターンです。被害者は中高生が多いとのこと。

 

一例目の詐欺

  1. 詐欺師がランダムに当選者を決める
  2. その当選者に「Switchを買う権利が当たりました!Amazonギフト券を送って下さい」と直DMする
  3. ギフトコードを送るも、一向に連絡はなく当然Switchも送られてこない…

 

二例目の詐欺

  1. ランダムに人を選び「安価でSwitchを売る」とリツイート(拡散)させる
  2. リツイートした人から抽選方式でターゲットを決めて当選した事に→Amazonギフト券を送らせる
  3. ギフトコードだけを手に入れて、あとは逃走

 

2つとも「当選」という名目で相手(被害者)に連絡し、Amazonギフト券で買わせようとしていますね。

まず何かを買う時に、お金ではなくAmazonギフト券で支払わせるという点で「あれ?」と不思議に思わなければならないのですが。こちらも、欲に負けると…だまし取られてしまうことが良く分かります。

 

ギフトコードは戻ってこない

Twitterの詐欺で騙し取られた男性

 

Amazonギフト券のギフトコードを送ったものの、その後連絡がないと気付いた時にはもう後の祭りです。

ギフトコードは一度アカウントに登録されてしまうと、その人以外二度と使うことは出来ません

警察に被害届を出すのは可能ですが、数万円という少額だと受理されるだけで特に何も対策されることはないでしょう。非常に悔しいですが、送ってしまったものは返ってこないのです。

 

【おまけ】アカウント登録済のAmazonギフト券も現金化できる!

先程、「Amazonギフト券のギフトコードは一度アカウントに登録されてしまうと、その人以外二度と使うことは出来ません。」とお伝えしました。

でも、使うつもりでAmazonギフト券を自分のアカウントに登録したものの…ふと、Amazonギフト券の残高を見た時に「この分の現金が手元にあれば、もっと自由にこのお金を使う事が出来るのに…」と思った事はありませんか?

実はAmazonギフト券は高換金率で現金化できる電子マネーギフト券なので、専門の買取サイトを利用すれば換金できるんです。(金券ショップでは、ほぼ買取して貰えません)

しかし、その買取サイトでも通常は「アカウントに”未登録”のAmazonギフト券」が買取の対象なのですが、1つアクションを加えるだけで現金化できる様になります。換金率は少しさがりますが、使わないAmazonギフト券を現金に換える事ができますよ♪

その方法は下記リンク記事をご覧ください。

そして、「金券ショップではAmazonギフト券の買取はほぼしていない」とお伝えしましたが、当サイトでは全国の金券ショップでAmazonギフト券の買取が可能な店舗がないか?只今調査中です。

皆さんがお住まいの都道府県はどうでしょうか?まだ未調査の地域もありますが、随時結果を公開していきますので、コチラを参考に覧ください。>> 【地域(エリア)別】Amazonギフト券の買取できる金券ショップを調査

Amazonギフト券を安全に換金したい方はコチラをご覧ください。>> オススメのAmazonギフト券買取サイト6選!

 

 

とにかく”Amazonギフト券”絡みは詐欺が多い!!

Twitterの詐欺実例

 

ビビリ係長ビビリ係長

「Amazonギフト券」、「コンビニで買って」、「ギフトコードを送って」というワードが出てきたら要注意ですよ!

Twitterに限らず、「コンビニでAmazonギフト券を買ってきて画像を送って」、「Amazonギフト券のギフトコードを教えて」というケースは、LINEで友人を装って行う詐欺やオークションでだまし取るケースと同じですね。

特に、コンビニでAmazonギフト券を買う場合は、カードタイプなのでギフトコードを送ってもカード自体が手元にあるので大丈夫、と思いがちです。

Amazonギフト券などの電子マネーギフト券は、ギフトコードが全てです!ということは、ギフトコードを教えて・・・というのも「危険」ということがここから理解出来ますね。

 

どうやってAmazonギフト券詐欺を防ぐ?

どのケースでも、「Amazonギフト券を…」と相手が言った時点で「あ、これは詐欺だ」と判断する他にないですね。Amazonギフト券を送れば会えるとか、Switchを安く買えるとか…そんな甘い話は世の中にない!です。というか、有り得ないです。

Amazonギフト券だけがだまし取られるように思いますが、今後同じ電子マネーギフト券であるitunesギフト券やGoogleプレイギフト券でも同様の詐欺が行われるでしょう。

その場合でも対策は同じです。何度も言いますが、コンビニで買う&ギフトコードを送る、は”詐欺”です。

 

 

【まとめ】TwitterでもAmazonギフト券詐欺が!一体どういう手口?!-予防と対策ー

Twitter詐欺の予防と対策
Twitterまでも利用してAmazonギフト券コードをだまし取ろうとする輩たち…

先ほども言いましたが、その人たちを世にさらして拡散しても、懲りずにアカウントを変えて同じ詐欺を繰り返しています。

相手がどうというよりも、まず自分がしっかりと詐欺の手口を理解し、「Amazonギフト券関連は危ない!!」と認識しておくことが大切です。

そうすることでもし自分の友人がその状況に遭ったとしても「それ、ダメ」と教えてあげて被害を防ぐことが出来ますから。

一人一人が気を付けて、Amazonギフト券詐欺の被害を1つでも無くす協力をしていきましょう!

<< Amazonギフト券買取詐欺

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

  1. 買取ボブ

     買取ボブでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取ボブ)

    【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

    買取ボブの詳細(体験談あり) 

  2. ギフトグレース

     ギフトグレースの評判
    管理人の検証レビュー(ギフトグレース)

    ギフトグレースは初回利用者だけでなく、2回目以降の利用者にも優しい良心的なサイトです。何と言っても高い換金率が特徴!新規利用者は換金率91%を完全保し、2回目以降でも87~89.5%という嬉しい高換金率♪リピーター率が高い=顧客満足度が高いのも納得できます。

    ギフトグレースの詳細

  3. 買取本舗

     Amazonギフト券の買取サイトの買取本舗
    管理人の検証レビュー(買取本舗)

    買取本舗は、Amazonギフト券以外にもiTunesギフトやGoogle Playギフトの買取も行っている便利なサイトです。「業界No.1!!」と記載のある通り、新規申込なら90~93%で現金化が可能です。(換金率は日々変動)手数料不要、24時間営業・年中無休なのも指示されている理由です。

    買取本舗の詳細

  4. アマトク

     アマトクでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマトク)

    【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

    アマトクの詳細(体験談あり)

  5. 買取セブン

     買取セブンはamazonギフト券の買取サイト
    管理人の検証レビュー(買取セブン)

    【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

    買取セブンの詳細(体験談あり)

  6. アマテラ(amatera.co.jp)

     Amazonギフト券の買取サイトのアマテラ
    管理人の検証レビュー(アマテラ)

    【検証済み】アマテラ(amatera.co.jp)はAmazonギフト券現金化サービスでは老舗サイトなので安全性は間違いありません。1万円以上の新規規利用者は換金率90%以上、50万円以上の大口利用者は89%以上を完全保証してくれます。手数料は一切不要、iTunesギフトの買取もOK!

    アマテラの詳細(体験談あり)