これを読めば「Amazon出品サービス」の全てが分かる!

皆さんこんにちは。すっかり春の陽気で暖かく気持ち良いですね。さて、今回のテーマは「Amazon出品サービス」についてです。商品を買う際に、マーケットプレイスに出品するという言葉を見かけた事がありませんか?これが、まさにAmazon出品サービスなんです。

この、Amazon出品サービスについて、詳細や出品に掛かる料金・具体例や手順~退会まで詳しく解説していきます♪何か不要な物を出品したいなと考えている人は、是非この記事を役立ててもらえれば幸いです。

 

【参考ページ】リスクはあるの?Amazon無在庫転売のメリット・デメリット

 

Amazon出品サービスとは?

Amazon出品サービスとは?

まず、Amazon出品サービスとは一体何なのか?と言いますと・・
Amazonから引用しますと『出品者様がAmazon.co.jp上で商品を販売して頂くためのサービス』とあります。分かりやすく言うと、ヤフオクのAmazonバージョンのような感じです。ヤフオクはYahoo!が管理、Amazon出品サービスは「出品(販売)する場所がAmazon」になるわけです。

コンセプト

誰でも簡単に気軽に利用出来て、”圧倒的な集客力を誇るAmazonで販売する事でより多くのユーザーに対して販売のチャンスが広がる”とし、Amazonはこのサービスを始めました。確かに、Amazonで購入する人数はかなり多いです。出品してもより多くの人の目に留まらなければ意味がないですからね。
確実に売りたい!という人にはもってこいのサービスだと思います。また、最小限の手間で出品可能なため思い立ったその日にすぐネット販売が出来る点も強みとしています。

システム(流れ)は?

ここで簡単にシステムを確認しておきましょう。出品→購入者が商品を検索→購入→発送→入金が基本的な流れです。
この”入金”についてですが、出品し売れた商品の代金は直接出品者に振り込まれるのではなく、一旦Amazonが回収→銀行振込手数料をAmazonが負担し→出品者の口座に振り込む形です。このシステムを採用する事で、通常のオークションのように未回収の恐れや入金確認の手間がないので安心して利用することが出来ます。

出品形態(プラン)

Amazon出品サービスには、大きく分けて「小口出品サービス」と「大口出品サービス」の2形態(プラン)があり、出品数によってどちらを利用するかの選択が可能です。料金や手数料などは小口と大口で違ってくるので、次の2章でご紹介しますね。

小口出品と大口出品の詳細

小口出品と大口出品の詳細

1-3.でご紹介した2プランについてより詳しく見てみましょう。料金や掛かる手数料が全然違うので、自分が出品したい数を計算しどちらがお得に出品出来るかを考えてから出品するのをお勧めします。分かりやすいように同じ項目で表にして載せておきますね。

小口出品

月額料金は不要、商品が一点売れるごとに100円+販売手数料がかかる。一括出品は出来ず、一点ずつの出品
月額利用料:×
基本成約料:○(成約商品一点に付き100円)
オリジナル商品の出品:×(Amazonに既にある商品のみ出品可能)
一括出品ツールの使用:×
注文管理レポートの使用:×
出品者独自の配送料金の設定:×
購入者へ提供できる決済方法:クレジットカード・Amazonギフト券・Amazonショッピングカード

出品出来ないカテゴリー

小口出品では出品物に制限があります。
・時計・アパレル、シューズ、バッグ・ジュエリー・ペット用品・ヘルス&ビューティー・コスメ・食品&飲料
これらのカテゴリーを出品したい場合は、大口出品サービスを利用しましょう(※大口出品でもこれらのカテゴリーは出品許可を得てから出品します)

大口出品

月額料金4,900円+販売手数料がかかる。大量の商品もまとめて出品出来る
月額利用料:○(月額4,900円)
基本成約料:×
オリジナル商品の出品:○(ほぼ全てのカテゴリーが無許可で出品可能)
一括出品ツールの使用:○
注文管理レポートの使用:○
出品者独自の配送料金の設定:×
購入者へ提供できる決済方法:クレジットカード・Amazonギフト券・コンビニ決済・代引き・Edy払い・Amazonショッピングカード

各手数料と具体例

各手数料と具体例

小口出品でも大口出品でも販売手数料(注文が成約時にのみ課金される手数料)が必要で、カテゴリーによって%が違います。商品代金に以下の%をかけた金額が手数料として掛かります。また、メディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD)はカテゴリー成約料も合わせて必要です。

販売手数料一覧

<15%>
本・CD・レコード・DVD・ビデオ・TVゲーム・PCゲーム・ペット用品・文房具・オフィス用品・ホーム(家具インテリアキッチン)・ホームアプライアンス
DIY・工具・産業開発用品・ジュエリー・ベビー・マタニティ・ファッション小物・シューズバッグ・腕時計
<10%>
スポーツアウトドア・ホビーおもちゃ・カーバイク用品・ドラッグストア・食品&飲料
<8%>
エレクトロニクス・PC・周辺機器・カメラ・楽器・大型家電

カテゴリー成約料

本→¥60・ミュージック→¥140・ビデオ→¥140・DVD→¥30

実際に掛かる費用~具体例

では、小口出品と大口出品に分けて実際どのくらい費用がかかるのか?本を例にして確認してみましょう。

<小口出品>・・1,000円の本を1ヶ月に20冊出品
¥2,000【20冊(20点)×100円(基本成約料)】+
¥23,000【¥1,000×20冊(20点)×15%】+
¥1,200【カテゴリー成約料¥60×20冊(20点)】
合計=¥26,200

<大口出品>・・1,000円の本を1ヶ月に100冊出品
¥4,900(月額利用料)+
¥15,000【¥1,000×100冊(100点)×15%(販売手数料)】
¥6,000【カテゴリー成約料¥60×100冊(100点)】
合計=¥25,900

出品方法

出品方法

最後に、出品の手順をご紹介してこの記事を締めたいと思います。出品出来る商品は、小口大口ともにAmazonに既にある商品というのが大前提なのでそこを念頭に置いて出品手続きをおこないましょう。

手順

①Amazon内で、出品したい物を検索
②商品を選択後→「マーケットプレイスに出品する」をクリック
③商品のコンディションを▼で選択する→状態などのコメントを詳しく入力
④出品価格を設定(他の出品商品があれば、それを見ながらどの状態でどの値段で出ているかをチェック)→完了

4ステップで簡単に出品出来ました。もし売れたら、Amazonからメールが届くので早急に購入者に発送してあげましょう。

【まとめ】これを読めば「Amazon出品サービス」の全てが分かる!

【まとめ】これを読めば「Amazon出品サービス」の全てが分かる!

意外と簡単に出品出来る事が分かりましたね。ただ、出品する数が多いほど手数料もその分かかってきます。販売価格を決める時は、手数料を差し引いた利益分も計算しながらと、少しコツが要ります。まずは少しずつ小口出品し慣れてきたら大口・・という風にしたら良いですね。不要なものがあればAmazon出品サービスで、まとめてスッキリ!断捨離を兼ねてお小遣い稼ぎしちゃいましょう♪

【参考ページ】

AmazonのFBAとは何?

 

<<Amazonプライムは年会費3900円で特典が沢山!

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

  1. 買取ボブ

     買取ボブでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取ボブ)

    【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

    買取ボブの詳細(体験談あり) 

  2. アマテラ(amatera)

     アマテラ(amatera)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマテラ)

    【検証済み】アマテラ(amatera)はAmazonギフト券現金化サービスでは業界トップの老舗サイトなので安全性は間違いありません。新規利用者は換金率88%を完全保し、クレジットカード現金化など大口利用者は90%以上の換金率です。

    アマテラの詳細(体験談あり)

  3. AmaTown(アマタウン)

     アマタウン(Amatown)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマタウン)

    【検証済み】アマタウン(Ama Town)で初回利用し換金率88%で問題なく現金化できています。(初回利用時の換金率は日々変動し88%~90%で推移)携帯番号の確認で折り返し連絡きましたが優しい口調の対応で驚きました!企業が運営で安全。

    アマタウンの詳細(体験談あり)

  4. 買取セブン

     買取セブンでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取セブン)

    【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

    買取セブンの詳細(体験談あり)

  5. アマトク

     アマトクでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマトク)

    【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

    アマトクの詳細(体験談あり)

  6. ギフトかんきんわん

     ギフトかんきんわんで換金
    管理人の検証レビュー(ギフトかんきんわん)

    【検証済み】ギフトかんきんわんは、公式サイトでAmazonギフト券のタイプにかかわらず一律換金率92%と大きく表記されています。記載通りなのか検証しましたがAmazonギフト券Eメールタイプ2万円が90%の18000円で現金化できました。高換金率でオススメ!

    ギフトかんきんわんの詳細(体験談あり)