株式会社から合同会社へ!AmazonJapanG.Kとは何なのか徹底解説

皆さんこんにちは。突然ですが、Amazonを知らないという人、挙手して下さい。…ほとんどの方がご存じかと思います。

正式名称は「アマゾンジャパン株式会社」です。そう、2016年5月までは・・。なんと2016年5月1日からは『Amazon Japan G.K』という会社になりました

Amazonで注文したのに、発送元が「Amazon Japan G.K」になっていて、偽会社?!と驚いたという人も多いのではないでしょうか。もちろん偽会社なんかではありません。

一見、何も変わっていないように見えますが今までのアマゾンジャパン株式会社とどう違うのか?少し専門的な話も入ってきますが、なるべく分かりやすく解説していきたいと思います。

 

【参考ページ】Amazonプライム会員はある条件で年会費全額返金OK!

 

アマゾンジャパン株式会社からAmazon Japan G.kへ

アマゾンジャパン株式会社からAmazon Japan G.kへ

そもそも、Amazon Japan G.kとは何の略かと言いますと『アマゾンジャパン合同(Godou)会社(kaisya)』です。G.Kというのは合同会社という英字の頭文字の略だったんですね。合同会社という言葉は聞き慣れないですが、何故この名前が付いたのかというと、アマゾンジャパン株式会社からアマゾンジャパンロジスティックス株式会社を”存続会社”として「合併した」からです。
これに伴い、名称も株式会社→「合同会社」に組織変更=社名も『アマゾンジャパン合同会社』に変更されました。

何故、合同会社に?

何故、株式会社から合同会社に組織変更したのか。。このあたりの理由は定かではないですが、色々と調べたところ大きな理由としては、「合同会社にすることで何か重要な決定をする際にも、株主総会や取締役会が不要なのでスムーズに行える」ので、それを生かして経営やサービスの導入などのスピードをアップする事が狙いのようです。では、合同会社にすることでのメリットを見ていきましょう。

合同会社にすることでどんなメリットが?

合同会社にすることでどんなメリットが?

アマゾンジャパン株式会社は、どんなメリットがあるから合同会社に組織変更したのでしょうか。いくつか考えられるメリットを挙げてみました。

設立にかかる費用がなんと6万円~と安い

合同会社を設立する際に必要なお金は「登記免許税」ただ1つです。登記免許税の下限額は6万円。株式会社だと15万円~なので、8万円も安いですね。また、株式会社設立の際に必要な「定款認証手数料」は合同会社だと原則不要です。

株主総会や取締役会は不要

株式会社で何か決定しようとすると、株主の許可が必要です。特に大口の株主【持ち株の多い人)だと経営者よりも議決権が強かったりしますが、合同会社だとそういった株主総会も不要なので縛られたりはしません。また出資者1人につき1議決権なので非常に分かりやすく、そしてシンプルに会社運営していける体制が整います。

利益配分も無し

多く出資すればその分利益配分が多い株式会社に対し、合同会社だと出資者に応じた適切な割合で配分するように定款で決められます。出資比率に左右されないというわけです。

【まとめ】株式会社から合同会社へ!AmazonJapanG.Kとは何なのか徹底解説

【まとめ】株式会社から合同会社へ!AmazonJapanG.Kとは何なのか徹底解説

Amazon Japan G.Kについて簡単ではありますが、メリット含めて解説しましたがいかがでしたか?合同会社だと上場できない・株式会社に比べて知名度はまだまだ低い・・などのデメリットもありますが、”株式会社よりも自由度が高い”事もあり、日本でも合同会社は今も増え続けています。Amazon Japan G.kになっても、私たちユーザーにとって便利なサイトには変わりないので安心して利用して下さいね。

【参考ページ】

AmazonのFBAとは何?

 

<<Amazonプライムは年会費3900円で特典が沢山!

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

  1. 買取ボブ

     買取ボブでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取ボブ)

    【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

    買取ボブの詳細(体験談あり) 

  2. アマテラ(amatera)

     アマテラ(amatera)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマテラ)

    【検証済み】アマテラ(amatera)はAmazonギフト券現金化サービスでは業界トップの老舗サイトなので安全性は間違いありません。新規利用者は換金率88%を完全保し、クレジットカード現金化など大口利用者は90%以上の換金率です。

    アマテラの詳細(体験談あり)

  3. AmaTown(アマタウン)

     アマタウン(Amatown)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマタウン)

    【検証済み】アマタウン(Ama Town)で初回利用し換金率88%で問題なく現金化できています。(初回利用時の換金率は日々変動し88%~90%で推移)携帯番号の確認で折り返し連絡きましたが優しい口調の対応で驚きました!企業が運営で安全。

    アマタウンの詳細(体験談あり)

  4. 買取セブン

     買取セブンでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取セブン)

    【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

    買取セブンの詳細(体験談あり)

  5. アマトク

     アマトクでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマトク)

    【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

    アマトクの詳細(体験談あり)

  6. ギフトかんきんわん

     ギフトかんきんわんで換金
    管理人の検証レビュー(ギフトかんきんわん)

    【検証済み】ギフトかんきんわんは、公式サイトでAmazonギフト券のタイプにかかわらず一律換金率92%と大きく表記されています。記載通りなのか検証しましたがAmazonギフト券Eメールタイプ2万円が90%の18000円で現金化できました。高換金率でオススメ!

    ギフトかんきんわんの詳細(体験談あり)