Amazonギフト券の購入方法とどこで買えるかを紹介
Amazonで使えるギフト券といえば、誰でも知っているAmazonギフト券ですね。

Amazon内ではもちろんですが、他にも色々な方法で購入出来ることをご存じでしょうか?

ここでは、『知ってた?Amazonギフト券の購入方法は色々あった!』と題して、Amazonギフト券を購入するための方法を詳しくご紹介していきたいと思います。

長くなってしまいますが、購入方法の1つ1つに対するメリット・デメリットも書いていくので、Amazonギフト券をGETする際に活用して頂けたら嬉しいです。

もし、購入の前に「参考になった!ありがとう!」と思って頂いたなら、拡散大歓迎です!
是非みなさんに広めて頂けたらと思います。

それでは早速見ていきましょう。

Amazonギフト券の購入方法その① 【売買サイトでの購入】

売買サイトでの購入
売買サイトというのは、正しく言うと”売買仲介サイト”です。

Amazonギフト券?売買を仲介?いまいちピンと来ないかもしれませんね。
売買サイトとはAmazonギフト券を売りたい人と買いたい人を1つのサイトに集め、売買を仲介しているサイトの事です。

「今は欲しい物がない」「何か購入するよりも現金化して食事に行きたい」など、不要になったAmazonギフト券を売りたい!という人はとても多いです。

ここでは売買仲介サイトの中でも有名な「ギフル」を例にして見てみましょう。
ギフルは、ユーザー登録が必要ですが無料ですし、最大30%OFFという格安価格で購入出来たりもします。

Amazonギフト券の売買仲介サイト・ギフル
出品されているギフト券は、ほとんどが1万円以上の額面のギフト券で少額のギフト券が少ないのが残念な点。

しかし、額面・販売価格・価格率(額面の何%で売られているか)・割引金額とが一目瞭然なので、お得なギフト券がどれなのかすぐに分かります。

今現在だと、1万円のギフト券が9,080円。なんと920円OFFで販売されているギフト券もあります。
売買サイトでAmazonギフト券を購入するメリット

売買サイトのメリット

常に定価以下でギフト券が売られているのでいつでも買えます。
売り切れて在庫なしという事がありません。

また、ギフルでは購入する側にシステム手数料などといった利用手数料のようなものは一切不要

自身のアカウントに登録出来るまで、購入代金は相手に振り込まれないので安心です。

売買サイトのデメリット

更新頻度が速いので、一番安く売られているギフト券が1時間後にも購入できるという確証がないです。
販売額の相場の見極め=購入するタイミングが重要になってくる時も。

ギフル以外のどの売買サイトにも言えますが、購入の際は自分のアカウントにチャージしてから購入なので、入金の手間が要ります。
ほとんど有り得ない事ですが、使用済みギフト券の可能性も少なからずある点を忘れてはいけません。

また、購入後はすぐにアカウントに登録してエラーが出ないかのチェックが必要です。

Amazonギフト券の購入方法その② 【Amazon公式サイトでの購入】

安心・安全で自由度も高い公式サイトでの購入方法
言わずと知れたこれが王道の方法ですね。

もちろん、Eメールタイプ・カードタイプ・印刷タイプ・グリーティングタイプと全てのギフト券タイプが購入可能。
デザインも豊富で日時指定をしてメッセージを付けたりと、そのままプレゼントとしても送れるので便利。

Amazon公式サイトのメリット

Amazon公式なので、使用済みの可能性が一切無し。
安心・安全に購入出来る唯一の方法。

金額も1円単位で設定出来て、自分が使いやすいように購入出来るのもAmazon公式サイトならでは。

Amazon公式サイトのデメリット

定価でしか買えない、そしてクレジットカードでしか購入出来ない点です。

クレジットカードを持っていない人や利用するのに抵抗がある人には難しい方法かもしれません。

また、プレゼントとして使えるとはいえEメールタイプだと稀に「迷惑メール」として振り分けられたりする事もあるようで、サプライズで相手に贈りたい時は注意が必要です。

Amazonギフト券の購入方法その③ 【コンビニでの購入】

コンビニでの購入方法とメリット・デメリット
レジの近くにプラスチック製のカードがぶら下がっていますよね。
Amazonギフト券のカードタイプが販売されています。

ローソン・ファミリーマート・セブンイレブン・ミニストップなどほぼどのコンビニでも販売されています。
5種類の金額のギフト券があり、好きな金額のギフト券を選びレジで支払うだけ。飲み物を買う感覚で気軽に購入出来ます。

ロッピーなどの端末を使う事で購入出来る「シートタイプ」のギフト券もあります。こちらは有効期限が3年と長いのが特徴。

コンビニのメリット

バリアブルタイプといって、1,500円から50,000万円まで1円単位で金額を設定して買えるギフト券もあるので、自分が欲しい物の金額に合わせて購入する事で綺麗に使い切れます。

他にも3,000円・5,000円・10,000円・20,000円のギフト券があり、コンビニであっても豊富に揃っています。
クレジットカードが使えないので現金主義者にもお勧め(デメリットと相反する部分です)。

カードタイプ・シートタイプ共に、支払いが済めばギフト券番号はすぐに使用可能。

コンビニのデメリット

コンビニではクレジットカードが使えますが、ギフト券の購入に関しては支払い方法は現金のみです(取り扱い店舗によって異なる場合あり)。

コンビニによって置いていない金額のギフト券もあったりと、全国共通でないのが難点か。

Amazonギフト券の購入方法その④ 【オークションでの購入】

ヤフオクやモバオクなどオークションでの購入方法とメリット・デメリット
その①の方法でご紹介した売買仲介サイトと似ていますが、こちらは相手が個人です。
ヤフオクやモバオク・楽天オークションなどで、随時出品されているのでいつでも安く手に入れる事が出来ます。

オークションのメリット

なんといっても定価以下で買える点です。

即決価格なども設定してあるので、他の落札者と競わずすぐに落札も可能。

楽天オークションだと、楽天ポイントも支払いに充当できるので、たくさん貯まっていれば実質0円で買える可能性も!
ほとんどの出品者がギフト券番号を送るパターンなので、落札後もすぐAmazonで使えます。

オークションのデメリット

相手が個人ゆえに、何か問題があった時に自分で解決しないといけません。
そうあって欲しくはないですが、落札したのに連絡がない・ギフト券番号を送ってこないなどといった問題は少なからず起こっています。

全て出品者次第というところが難しいですね。
評価欄を必ずチェックして、怪しいなという人からは落札しないなどの防御策が必要です。

【まとめ】Amazonギフト券の購入方法は色々あった!

Amazonギフト券の様々な購入方法まとめ
色々な方法でAmazonギフト券を購入出来る事が分かりましたね。

売買サイトやオークションなどは安く購入出来る分、リスクも懸念しなければなりません。

定価だけどその金額分”安全”を買うか、リスクは多少あってもとにかく安く買うか
どこで購入するにしても自己責任の上で、メリットやデメリットを把握し、自身が納得いく方法で購入して頂ければと思います。

 

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

  1. 買取ボブ

     買取ボブでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取ボブ)

    【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

    買取ボブの詳細(体験談あり) 

  2. アマテラ(amatera)

     アマテラ(amatera)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマテラ)

    【検証済み】アマテラ(amatera)はAmazonギフト券現金化サービスでは業界トップの老舗サイトなので安全性は間違いありません。新規利用者は換金率88%を完全保し、クレジットカード現金化など大口利用者は90%以上の換金率です。

    アマテラの詳細(体験談あり)

  3. AmaTown(アマタウン)

     アマタウン(Amatown)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマタウン)

    【検証済み】アマタウン(Ama Town)で初回利用し換金率88%で問題なく現金化できています。(初回利用時の換金率は日々変動し88%~90%で推移)携帯番号の確認で折り返し連絡きましたが優しい口調の対応で驚きました!企業が運営で安全。

    アマタウンの詳細(体験談あり)

  4. 買取セブン

     買取セブンでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取セブン)

    【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

    買取セブンの詳細(体験談あり)

  5. アマトク

     アマトクでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマトク)

    【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

    アマトクの詳細(体験談あり)

  6. ギフトかんきんわん

     ギフトかんきんわんで換金
    管理人の検証レビュー(ギフトかんきんわん)

    【検証済み】ギフトかんきんわんは、公式サイトでAmazonギフト券のタイプにかかわらず一律換金率92%と大きく表記されています。記載通りなのか検証しましたがAmazonギフト券Eメールタイプ2万円が90%の18000円で現金化できました。高換金率でオススメ!

    ギフトかんきんわんの詳細(体験談あり)