majica(マジカ)ドンペンカード

 

majica(マジカ)ドンペンカード、というカードをご存じですか?

私も最近まで知らなかったのですが、このカード本当に便利なカードのようです!

今回の記事では、majicaドンペンカードについての詳細や特徴について詳しく説明していきます。

少し長くなりますが、この記事を読めばmajicaドンペンカードについてバッチリ!分かるようになっていますので是非最後まで読んで頂ければと思います。

majicaドンペンカードって何だろう?

ドンキホーテのクレジットカード♪

 

majicaドンペンカードとは、ドンキホーテと株式会社セディナが提携して発行しているクレジットカードです。

しかし、ただのクレジットカードではありません!

冒頭で、本当に便利なカードとお伝えしましたがどういった部分が便利かというと・・

なんと、電子マネーが一体型となっているんです。

激安の殿堂:ドンキホーテで使える【majica】という電子マネー機能が付いており、カードを使えば使うほどmajicaが貯まるおトクなカードです。

チャージ方法は現金の他、スマートフォンやパソコンからクレジットカードでもチャージ出来ます。

つまり、店舗に行かなくても自宅で簡単にチャージできるということです。

 

majicaドンペンカードのスペック

・年会費→初年度無料(次年度年会費¥1,000。ただし、年1回でも使えば次年度も無料)
・ブランド→JCB
・発行会社→セディナor JACCS(選択可能)
・電子マネー→majica(マジカ)
・貯まるポイント→majicaポイント(ドンキホーテグループで1p=1円で使える)
・還元率→現金でチャージの場合:200円で2ポイント(1%)・クレジットカードでチャージの場合:200円で3ポイント(1.5%)
買い物:200円で1ポイント(0.5%)

 

majicaポイント付与タイミング

チャージ時

現金であってもクレジットカードであっても、チャージした際にはすぐにmajicaポイントが1%分付与されます。(1万円チャージで100円)

クレジットカードチャージの場合、1.5%の還元率なので残りの0.5%分(50円)はチャージした翌月の20日頃に付与されるので、タイムラグが生じます。

買い物時

利用(購入)金額の0.5%が還元されます。

利用代金明細書のポイント欄にポイント表示された月の20日頃”に付与されます。

チャージ時のようにすぐ反映されないので注意しましょう。

 

【豆知識】majicaという名前の由来

majicaドンペンカード・・何故majicaというのか調べてみました!

どうやら、それぞれ意味のある単語の頭文字を取って組み合わせたようです。

●「M」iracle(ミラクル)
●「A」musement(アミューズメント)
●「J」onetsu(情熱)
●「I」ntelligent(インテリジェント)
●「CA」rd(カード)

考えた人、すごすぎます!

ネーミングのセンスが抜群ですね。

nanacoやWAONなど親しみやすい電子マネーと同じ、マジカ=3文字です。

これなら言いやすく覚えやすいので、本当に良いネーミングだと思います。

ちなみに、クレジットカード機能は要らないけどmajicaポイントだけを貯めたい!という人は、majica電子マネーカードをドンキホーテで購入すればOK!nanacoカードのようなものです。

税込100円ですが、入会時に100円付与されるので実質無料で手に入れることが出来ますよ♪

 

majicaドンペンカードの注意点

ドンキホーテを良く利用する人にとってとても重宝するであろうmajicaドンペンカードですが、注意点がいくつかありますので記載しておきます。

 

自動切り替えされない!

majicaドンペンカードが登場する前は、クラブドンペンカードといってクレジット機能のみのカードがありました。

このカードに電子マネーmajica機能をプラスして『majicaドンペンカード』というクレジット+電子マネー一体型の便利なカードに切り替わったというわけです。

クラブドンペンカードを既に持っている人でも今のカードは継続して使えますが、majicaドンペンカードに自動切り替えされません

一体型カードに切り替えたい場合は、”新規入会扱い”になるので、新たに申し込みしましょう。(審査あり)

 

今まで貯まっていたポイントは移行出来ない

クラブドンペンカードからmajicaドンペンカードに切り替えたとしても、クラブドンペンカードで貯まっていたポイントをmajicaドンペンカードに移行(合算)する事は出来ません

何故なら、クラブドンペンカードで貯まっていたポイントは「わくわくポイント」・majicaドンペンカードで貯まるポイントは「majicaポイント」と全くの別物だからです。

 

 

majica会員になるとこんなにおトク!

お得がいっぱい☆

 

majicaカードを持っていると特典がたくさん受けれますよ。

↓を見て頂いても分かるように、まさに、ドンキホーテユーザーの為のカードと言って良いほど。

これで年会費無料なのはお得としか言いようがないですね。

 

円満会計サービスでおトク!

ドンキホーテでカードを提示した際、1,000円以上の商品であれば10円未満を最大9円カットしてくれます。

つまり、端数分を割り引いてくれるという事です。

カードの提示だけでこのサービスが受けれるなんて最高ですね◎

 

会員価格でさらにおトク!

全商品とはいかないですが、ブランド品や家電商品・時計装飾品など一部商品が会員価格で購入出来ます。

割引率は商品・店舗によって違いますが、少しでも安く買いたい人には見逃せない情報です◎

 

ランク特典でポイント付与率アップ↑

年間購入金額によって、一般→ブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナとランクアップ。

翌1年間、ランク特典を得ることが出来ます。

プラチナ会員にまで上がるとポイント付与率はなんと5%・そして有料駐車場も24時間無料・案内専用PHS支給と嬉しい特典がいっぱい!

 

 

majicaドンペンカードは換金にも使える!

majicaドンペンカードが換金に使える?!

 

豆知識・・といって良いか分かりませんが、majicaドンペンカードは換金にも使えます

換金といってもmajicaドンペンカードを売ったりするわけではありませんよ!

様々な物が売っているドン・キホーテで、換金に使えるものをmajicaドンペンカードで購入するという方法です。

例えば、Amazonギフト券

コンビニやスーパーでも買えるのですが、現金払いでしか買えません。

ドン・キホーテでは、majicaドンペンカードで決済すればAmazonギフト券がクレジットカードで購入出来るんです。

ドンキホーテでAmazonギフト券を買うには、majicaドンペンカードを使えばOKと覚えておきましょう。

【参考ページ】

ドン・キホーテでクレジットカードを使って買ったAmazonギフト券を換金してみよう!

 

換金サイトを使えば手っ取り早い!

換金サイトではEメールタイプだけでなく、カードタイプのAmazonギフト券も買取してくれます。

この換金サイトを使えば、額面の大体90%で換金出来るので1万円のギフト券なら9,000円で換金可能ということ。

支払いにmajicaドンペンカードを使っているので、実質クレジットカードが換金出来たということになります。

オススメの換金サイトは 買取ボブ ギフトグレース 買取本舗 です。この3サイトはネットバンク口座があれば、24時間振込してくれますので、急ぎでお金を工面したい時にもとても便利ですよ!

買取ボブでは実際に利用した体験談の記事もありますので、気になる方はこちらもご覧ください。

 

 

【まとめ】majica(マジカ)ドンペンカードの詳細・特徴

majicaドンペンカードについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

クレジットカードを使ってのチャージ時のポイント付与率は他を圧倒しています。

ドンキホーテでAmazonギフト券を買うのにも使えますし、これを機会に是非majicaドンペンカードを作ってみてはいかがでしょうか♪

 

<<Amazonギフト券はドン・キホーテで買うべきな理由

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

    1. 買取ボブ

       買取ボブでAmazonギフト券を換金
      管理人の検証レビュー(買取ボブ)

      【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

      買取ボブの詳細(体験談あり) 

    2. ギフトグレース

       ギフトグレースの評判
      管理人の検証レビュー(ギフトグレース)

      ギフトグレースは初回利用者だけでなく、2回目以降の利用者にも優しい良心的なサイトです。何と言っても高い換金率が特徴!新規利用者は換金率91%を完全保し、2回目以降でも87~89.5%という嬉しい高換金率♪リピーター率が高い=顧客満足度が高いのも納得できます。

      ギフトグレースの詳細

    3. 買取本舗

       Amazonギフト券の買取サイトの買取本舗
      管理人の検証レビュー(買取本舗)

      買取本舗は、Amazonギフト券以外にもiTunesギフトやGoogle Playギフトの買取も行っている便利なサイトです。「業界No.1!!」と記載のある通り、新規申込なら90~93%で現金化が可能です。(換金率は日々変動)手数料不要、24時間営業・年中無休なのも指示されている理由です。

      買取本舗の詳細

    4. アマトク

       アマトクでAmazonギフト券を換金
      管理人の検証レビュー(アマトク)

      【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

      アマトクの詳細(体験談あり)

    5. 買取セブン

       買取セブンはamazonギフト券の買取サイト
      管理人の検証レビュー(買取セブン)

      【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

      買取セブンの詳細(体験談あり)

    6. アマテラ(amatera.co.jp)

       Amazonギフト券の買取サイトのアマテラ
      管理人の検証レビュー(アマテラ)

      【検証済み】アマテラ(amatera.co.jp)はAmazonギフト券現金化サービスでは老舗サイトなので安全性は間違いありません。1万円以上の新規規利用者は換金率90%以上、50万円以上の大口利用者は89%以上を完全保証してくれます。手数料は一切不要、iTunesギフトの買取もOK!

      アマテラの詳細(体験談あり)