Amazonプライムの年会費は本当に安いのか!?数学的に考えてみた

Amazonプライムの年間費が安いとされていますが、本当でしょうか?

特に動画ストリーミングサービスは熾烈な値段争いと、利用できるコンテンツ数の拡大を図っています。

もちろん、年会費だけ見ると、Amazonプライムがかなり安いように思えますが、コンテンツの数などを考慮しても本当に安いのでしょうか。

今回は、簡単な計算を用いて、他社のサービスと比較してみたいと思います。

 

動画ストリーミングサービスの料金比較

Amazonプライムの年会費は本当に安いのか!?動画ストリーミングサービスの料金比較

まずは動画ストリーミングサービスの料金です。

Amazonプライム
料金:年会費3900円(税込)
動画本数:23000本
無料期間:2週間

・ Hulu
料金:月額933(税抜)
動画本数:30000本
無料期間:30日間

・ Netflix
料金:月額950円(税抜・スタンダード)
動画本数:3000本
無料期間:1ヶ月

条件:お試し期間を経て、1年間利用する

無料期間をふまえた年会費(税込)を計算すると、
Amazonプライム
395日で年間費3900円(税込)
よって年会費は、3604円

・ Hulu
379日で年間12091円(税込)
よって年会費は、11644円

・ Netflix
396日で年間12312円(税込)
よって年会費は、11348円

動画1本あたり、何円で観られるかの単価を計算してみる

Amazonプライム
3604円で23000本
よって動画1本あたり、0.15円

・ Hulu
11644円で30000本
よって動画1本あたり、0.39円

・ Netflix
11348円で3000本
よって動画1本あたり、3.8円

ゆえに、Amazonプライムでの動画の単価が1番安く、Huluの単価の約半分であり、Netflixの単価の約20分の1でした。

この結果から分かるとおり、圧倒的にAmazonプライムが安くてお得だという結果でした。

もちろん、自分が好きな動画のジャンルによってその価値は変わるとは思いますが、どの会員になるか迷っている人にはAmazonプライムをオススメ致します。

Amazon Student サービス利用者の年会費は安いのか?

AmazonプライムとAmazon Student サービス利用者の年会費は本当に安いのか?

これはオマケですが、学生のみが利用できる『Amazon Student』で計算してみると、

 Amazon Student
料金:年会費1900円(税込)
動画本数:23000本
無料期間:なし(6ヶ月の無料期間中は、プライムビデオの利用不可)

同じ条件で、無料期間をふまえた年会費(税込)を計算すると、
365日で年間費1900円(税込)
よって年会費は、1900円

動画1本あたり、何円で観られるかの単価を計算すると、
1900円で23000本
よって動画1本あたり、0.083円

よってAmazonプライムよりもさらに半分の単価で利用ができる計算になっています。

 

【まとめ】Amazonプライムの年会費は本当に安いのか!?数学的に考えてみた

Amazonプライムの年会費は本当に安いのか!?数学的に考えてみた

Amazonプライム会員なら動画1本あたり、0.15円!と充分安いことが分かりました。

これでも安いと思いますが、Amazon Studentなら0.083円と、Amazonプライム会員よりもさらに半分の単価で利用ができるのが驚きです。

特に学生の方で、どの動画ストリーミングサービスを利用するか迷っている方は、安いので是非『Amazon Student』の有料会員になってみることをオススメします。

 

<<Amazonプライムは年会費3900円で特典が沢山!

 

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

  1. 買取ボブ

     買取ボブでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取ボブ)

    【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

    買取ボブの詳細(体験談あり) 

  2. アマテラ(amatera)

     アマテラ(amatera)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマテラ)

    【検証済み】アマテラ(amatera)はAmazonギフト券現金化サービスでは業界トップの老舗サイトなので安全性は間違いありません。新規利用者は換金率88%を完全保し、クレジットカード現金化など大口利用者は90%以上の換金率です。

    アマテラの詳細(体験談あり)

  3. AmaTown(アマタウン)

     アマタウン(Amatown)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマタウン)

    【検証済み】アマタウン(Ama Town)で初回利用し換金率88%で問題なく現金化できています。(初回利用時の換金率は日々変動し88%~90%で推移)携帯番号の確認で折り返し連絡きましたが優しい口調の対応で驚きました!企業が運営で安全。

    アマタウンの詳細(体験談あり)

  4. 買取セブン

     買取セブンでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取セブン)

    【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

    買取セブンの詳細(体験談あり)

  5. アマトク

     アマトクでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマトク)

    【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

    アマトクの詳細(体験談あり)

  6. ギフトかんきんわん

     ギフトかんきんわんで換金
    管理人の検証レビュー(ギフトかんきんわん)

    【検証済み】ギフトかんきんわんは、公式サイトでAmazonギフト券のタイプにかかわらず一律換金率92%と大きく表記されています。記載通りなのか検証しましたがAmazonギフト券Eメールタイプ2万円が90%の18000円で現金化できました。高換金率でオススメ!

    ギフトかんきんわんの詳細(体験談あり)