PINCOMのドメイン制限・与信のGmailアドレスを使った攻略法

携帯キャリア決済で唯一Amazonギフト券が購入出来る、貴重な『PINCOM』。

このPINCOMで、今年2月と3月の2回に分けてある制限が2つ設けられました。

制限、つまりユーザーに撮って何かしらの縛りがあるということです。
今まで全くそういう制限がなく自由に携帯キャリア決済でAmazonギフト券を購入出来ていただけに、私も衝撃度はハンパなかったです。

このPINCOMでAmazonギフト券を購入し・・買ったAmazonギフト券を換金している人にとって、どれだけのダメージがあったでしょうか。

そうなんです、これから書いていくこの2つの制限はまさに、換金している人に対しての制限:つまり”転売防止”用に定められたのです。

換金するためにPINCOMでAmazonギフト券を購入することは「表向きは」勧められていません。

買ったAmazonギフト券を換金したところで、PINCOM側は把握しようがないからです。
(かといって何をしても良いわけではありませんが・・)

それなのに、転売防止用の策が講じられたということは→よほどに大量購入して換金した人が居たのでしょう。

【お知らせ】

2017年9月25日にPINCOMではAmazonギフト券を販売停止しました。

その対策、背景、理由などは下記サイトが役立ちますのでご覧ください。

PINCOMでAmazonギフト券が販売停止!?その4つの対策は!? 

PINCOMの2つの制限ってどういうもの?

PINCOMのドメイン制限・与信とは
今回は新たに今年2月、3月に設けられた2つの制限の詳細、そしてその攻略(対策)法について記載していきます。

何か抜け道はないのかな?と探している人、是非これを読んで制限を回避して下さい!(あくまで自己責任でお願いします)

2月にリリース【メールアドレスドメイン制限】

PINCOMが指定したアドレスドメインでしか購入出来なくなりました。

各携帯キャリア決済ごとに、購入出来るメールアドレスドメインが決められたのです。
今までは、フリーアドレスをたくさん使って(おそらく捨てアド)購入していた人が多数いたのでしょうね。

購入したギフト券を転売(換金)は、PINCOMではもちろんAmazonギフト券を発行しているAmazonも利用規約で禁止しています。
換金目的のために買う人のためにサービスは提供できないよ、という背景からこの制限が導入されました。

 

【購入出来るアドレスドメイン】

  • ドコモケータイ払い@docomo.ne.jp 、@gmail.com
  • auかんたん決済@ezweb.ne.jp、 @gmail.com
  • クレジットカード決済→上記3種+@i.softbank.ne.jp 、@softbank.ne.jp

 

以上のドメインでしかPINCOMでは購入出来ません。

ソフトバンクまとめて支払い自体には対応していないので、ソフトバンクユーザーは携帯キャリア決済では購入出来ない点に注意して下さい。

 3月にリリース【メールアドレス与信制限】

1つのアドレスでは上限額を超えて購入出来ないよ、という制限です。
上記でご紹介したメールアドレスドメインで初めて利用する人は、1ヶ月1万円までしかAmazonギフト券を購入出来ないようになりました。

これにより1つのアドレスで高額分Amazonギフト券を買うことは不可能になったわけです。

しかもこの上限額、PINCOMを利用したのが何ヶ月あったか?でランクが決まるという珍しいシステムです。
ひと月に購入する金額が少なかったとしても、毎月利用していればおのずと上限額もアップするという仕組み。

※目安は「3ヶ月」※

最初は皆Fランクという最低ランクで、利用月数が3になるまでは月1万円の制限。

利用月数が3に到達すると次のランクはEで、月3万円の上限。
最高ランクはAランクで利用月数は15回以上で月に10万円まで購入出来るようになります。

…このように利用月数が3増えるごとに、購入出来る上限額が2万円ずつ上がっていきます。

PINCOM攻略法を見ていこう!

GmailアドレスでPIMCOM与信制限を攻略する
2つの制限がどういうものか理解出来ましたね。

では本題の攻略法です。

この方法は紹介しているブログが他にもあるので、攻略法というほどではないかもしれませんが
…これらの制限を何とか回避するには、やはりこの方法がベストという事を予め申し上げるとともに、ご了承頂ければと思います。

メールアドレスドメイン制限に対しての攻略

ドコモとauユーザーは、自身のキャリアアドレスだけでなく「Gmailアドレス」も合わせて作成しましょう。

キャリアのアドレスは携帯電話1台につき1つしか持てません。
しかしGmailなら簡単にアカウント作成出来るので、早速トライ!まだ持っていない人はGmailを作成することで、お持ちの携帯電話1台に対し2つのアドレスドメインを持てることになり→2回購入出来るようになります。

【Gmailアカウント作成方法】

  1. 「https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja」にアクセス→Googleアカウントの作成
  2. 名前・ユーザー名・パスワード等を入力→次のステップ
  3. 利用規約を読んで同意

この3ステップで簡単にGmailが作れます。是非お試しあれ。

メールアドレス与信に対しての攻略

1つのアドレスで上限額が決まっているのなら、アドレスを増やせば良いのです。

ドメイン制限の攻略では、キャリアアドレスにGmailアドレスを増やすことで対策出来ました。

この与信制限に対しては『ドメインはそのままにアドレスを増やす』ことで、1アドレス上限額1万円であったとしても複数枚買えることになります。

どういうことか?
Gmailのアドレスドメインは@gmail.comです。

この@マーク以前は任意で作成していますね。

その文字列に「+●●」と新たに付けるだけで全く別のGmailアドレスが出来るんです!
とはいっても、元のアドレス宛にメールは届くので受信フォルダはそのままでOK。何とも便利な機能ですよね。

【複数アドレスで購入する手順】

  1. PINCOMでAmazonギフト券を選択
  2. カートに入れ支払い手続きをする
  3. アドレス欄に「元のGmailアドレス」を入力し購入
  4. 購入出来たら再びPINCOMにアクセス
  5. 同じように選択しカートに入れ
  6. アドレス欄に今度は「元のアドレス+●●」を付けたものを入力する

たったこれだけです。

+●●←この●●は分かりやすく01や02とかで良いと思います。

01~04までおこなえば、携帯キャリア決済でも元のアドレス分と合わせて1万円×5回分=5万円分のギフト券をGET。

この攻略法で5万円分換金出来ます♪

【まとめ】PINCOMのドメイン制限・与信の攻略:ポイントは「Gmailアドレス」!

PIMCOMドメイン制限・与信制限はgmailアドレスで攻略
ドメイン制限・与信制限と2つの制限に対しての攻略法、いかがでしたか?

携帯キャリア決済を換金するには「Gmailアドレス」がポイントだという事がお分かり頂けたかと思います。

このGmailアドレスを増やす方法は他のサイトでも紹介されているので、PINCOMがこれに対しても何らかの対策を行うかもしれません。

しかしそこまで厳しくしないだろうと私は考えています。何故なら、PINCOMも購入者が減れば利益も比例して少なくなるからです。

購入したギフト券を換金するのは個人の自由です。

しかし、常識の範囲内できちんと自己責任の上でおこなって下さいね。

 

換金しようAmazonギフト券!

検証済みのAmazonギフト券換金サイト6選

  1. 買取ボブ

     買取ボブでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取ボブ)

    【検証済み】24時間営業の買取ボブは2回利用しています。検証記録も別ページに記載してありますが、公式サイトで記載されている「振込までの時間」「本日の換金率」通りに問題なくAmazonギフト券を換金できています。初心者にオススメの買取サイトと断言します!

    買取ボブの詳細(体験談あり) 

  2. アマテラ(amatera)

     アマテラ(amatera)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマテラ)

    【検証済み】アマテラ(amatera)はAmazonギフト券現金化サービスでは業界トップの老舗サイトなので安全性は間違いありません。新規利用者は換金率88%を完全保し、クレジットカード現金化など大口利用者は90%以上の換金率です。

    アマテラの詳細(体験談あり)

  3. AmaTown(アマタウン)

     アマタウン(Amatown)でAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマタウン)

    【検証済み】アマタウン(Ama Town)で初回利用し換金率88%で問題なく現金化できています。(初回利用時の換金率は日々変動し88%~90%で推移)携帯番号の確認で折り返し連絡きましたが優しい口調の対応で驚きました!企業が運営で安全。

    アマタウンの詳細(体験談あり)

  4. 買取セブン

     買取セブンでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(買取セブン)

    【検証済み】買取セブン公式サイトでは、換金率92%の記載で高かったので疑いながら検証。結果的にはAmazonギフト券2万円という少ない金額に対して換金率90%で現金化でき穴場。24時間営業はしてないので勘違いしないように。

    買取セブンの詳細(体験談あり)

  5. アマトク

     アマトクでAmazonギフト券を換金
    管理人の検証レビュー(アマトク)

    【検証済み】アマトク公式ページに記載されている通りにAmazonギフト券を換金できます。一律500円の振込手数料が引かれるので、少ない金額を現金化する時にはネックになりますが、換金率88%~90%(初回利用時)に嘘はないです。

    アマトクの詳細(体験談あり)

  6. ギフトかんきんわん

     ギフトかんきんわんで換金
    管理人の検証レビュー(ギフトかんきんわん)

    【検証済み】ギフトかんきんわんは、公式サイトでAmazonギフト券のタイプにかかわらず一律換金率92%と大きく表記されています。記載通りなのか検証しましたがAmazonギフト券Eメールタイプ2万円が90%の18000円で現金化できました。高換金率でオススメ!

    ギフトかんきんわんの詳細(体験談あり)